KURO

COLUMN

IMG_0723

CREWNECK FLAT SEAMER TEE SHIRTS 06/10

2017/06/10

昨日、何かしら食べ物で食あたりを喰らった北村です。

皆さんも気を付けて下さい。

ただただ地獄ですので。

上からも下からも大忙しの24時間働けますかのサラリーマン状態。う~んリゲイン。

リゲイン懐かしいなと思ったついでに今もあるのか気になる所ですが子供の頃サッカーをやっていた自分としてはもう一つ忘れてならないのはゲータレードとエネルゲン。

アクエリアスとポカリスウェットの2強の牙城を崩すべく突如現れた新興勢力でしたがどちらも尻すぼみですぐに消えていってしまったのを覚えています。

エネルゲンに関しては飲み過ぎると下痢になるという嘘か真かわからない噂も出回って与沢翼もびっくりの秒速で消えていった気がします。

なんだかんだの定番の安心感に弱いんですよね。

赤信号みんなで渡れば怖くない。

日本人をうまく表現している気がします。

これも本当か定かではないですが北野たけしさんが言ったとか言ってないとか。

時代はあっという間に変わるものでジュースの値段、たばこの値段に消費税などなど。

全体的に給料はカットカットの嵐であがってないのに物価だけ上がっている気がするのは僕だけでしょうか?

まぁそんな事よりも僕が1番変わったなぁと思うのは古着の概念。

若い頃はヴィンテージとかレギュラーとか古くてカッコいいものをよく探したものですが今はブランド古着を扱う店が沢山増えた気がします。

気がするというか増えています。

若い世代の人と話すと古着ってブランド物の中古の事でしょと普通に言われるとちょっとドキッとします。

自分が年を重ねたからなのか今の若いもんはと言いたくなりますがそれも一つのファッションカテゴリーになったんだなとしみじみ。

良い事ではありますが通販も発達して自分が若かった頃よりお店に足を運ばなくても気軽に何でも調べて買えるようになってきているのかもしれないですね。

お洒落の参考はSNSで調べるのが当たり前の時代を考えると僕個人は大分取り残されています。

お店に行ってスタッフと話して洋服の着方やくだらない話しして服もそうですがそこにいる人を好きになって

服ももっと好きになって。

自分も含めてそういうスタッフさんが減っているのかもしれませんが僕自身は時代に逆行した洋服屋としてフランクに洋服ではなく楽しい時間を売っていきたいなと思います。

前回紹介したTシャツを1型だけご紹介。

カラーTシャツも使う色を少なくしてポイントで柄物をいれると綺麗にあわせることができます。

色は4色展開です。

また次回。

 

IMG_0727

IMG_0723

 

CREWNECK FLAT SEAMER TEE SHIRTS (¥6,300+TAX)