KURO

COLUMN

Exif_JPEG_PICTURE

HANDMADE PATCHWORK DENIM JACET 04/10

2017/04/10

ハンドメイド

ハンドメイド5

ハンドメイド3

 

 

パッチワークデニムジャケットの紹介です。

程よくタイトに作られたボックスシルエットにセカンド仕様のフロントポケット、袖のパッカリング加工や

絶妙な洗いの加工がクラシカルなディティールをより引き立たせています。

その中にパッチワークをデザインとして入れる事で洗練された印象に。

パッチワークの良さは間違いなく一点物としての価値にあると思うのでこれだという出会いがあれば

決断が大事ですよ。

100年後にはヴィンテージとして未来の人達に高値で取り引きされてたりするのかな?

気になる方は店頭で。

綿100%

 

掲載写真 着用写真

HANDMADE PATCHWORK DENIM JACKET (¥45,000+TAX)

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

色味が薄いライトインディゴはグレイのワントーンに入れるとグッとコーディネートの完成度を

高めてくれます。

ラフな装いに合わせると慣れた感で嫌味なくパッチワークも着れると思います。

パッチワークが一点物のジャケットなら今日閉幕したゴルフマスターズのグリーンジャケットは一生物ですね。

う~ん寝不足と言いたい所ですがガルシアのメジャー初優勝に興奮して頭は冴えています。

冴えた所で文章のクオリティが上がるわけではないので悪しからず。

天才と言われ続けたガルシアも37歳でのメジャー初制覇なんですからいかにメジャータイトルを取るのが

難しいのかがわかります。

それを思うとタイガーウッズの異常さ、怪物さが際立ちます。

夜のタイガーも凄かったといらん事も思い出してしまいますが、、。

ウィダインゼリーなんかよりも凄いチャージはないと思っていましたがタイガーチャージがあったかと

当時思ったり思わなかったりラジバ、、。

 

ゴルフの見どころはあり過ぎて選ぶのは難しいのですが優勝を手にする最後のカップインですかね。

結局、そこにたどり着くまでの筋書のないドラマを見るような感覚で見ると良いのかなと思います。

最後のカップインの瞬間のガッツポーズが何故か絵になってカッコいいんです。

人によってはうずくまってしまったりとにかく全てから解放された感情の爆発が見られるわけです。

今回はガルシアの優勝で幕を閉じましたがプレーオフに入りローズという選手と最後は争いガルシアが勝ったの

ですがこの二人は幼いころから知り合いで苦楽を共にして今までトップ戦線で戦い続けていた二人でもあるのです

が優勝を最初に祝ったのもローズでありお互いの奥さん、婚約者も祝福し合うというとてもスポーツマンの

鏡でもあり素晴らしい大会だったと思います。

トランプ大統領とプーチン大統領にも見習ってほしいものです。

松山選手も大会前は4番目の評価で期待していましたが今回は残念な結果になってしまいましたが近い将来

メジャー制覇をしてくれると思います。

あ~石川遼はどこへやら、、。

グリーンジャケットを着る機会はあと100回程生まれ変わったらあるかもしれませんがデニムジャケットなら

すぐにでも着る事は出来ますよ。

ではまた次回。