KURO

COLUMN

Exif_JPEG_PICTURE

INDIGO DYED CUT&SEW REMAKE JACKET 03/28

2017/03/28

Exif_JPEG_PICTURE

 

ノーカラージャケットのご紹介です。

綿100%の生地ながらも地厚で今の時期に軽く羽織れる作りになっています。

インディゴ染め特有の綺麗な色を残しつつ、1点1点異なるリメイクを施す事でグッと

雰囲気が増しています。

襟回りや袖のアタリ具合も好きな方には違う意味でグッとくるのではないでしょうか。

気になる方は店頭でご試着してみて下さい。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

ノーカラーの商品はシャツに始まりアウターまで最近は多く出てきていると思いますが今一つ

根付いていない感は感じています。

どちらかというと女性のコーディネートのほうで多く見られるかなと思っています。

前にも書きましたが襟があまり好きではない僕には逆に着やすいし、レイヤードの幅が広がるので

選択肢に入っていないほうが不思議なくらいです。

トップ画面の写真のようにオーバーサイズのアウターの中に着ても今の時期はお勧めかなと思いますので

お持ちの服で似たのがあればお試しあれ。

 

稀勢の里優勝

怪我をした時はもうだめかと思いましたが最後は凄いの一言に尽きるのかなと思います。

相撲は年に1回は観に行ければ行っているのですが今年はもう既にチケットが取れないみたいなのでで諦めました。

若貴ブームがもう何時の話しかさえも思い出せずその間も武双山、栃東、魁皇とあと1歩で横綱という

力士がいましたがその度に横綱の壁、国民の重圧やプレッシャーに跳ね返されここまで日本人横綱は誕生しなかったわけです。

日本人は潜在的にプレッシャーに弱いのでしょうか?

決定力不足、カルシウム不足、寝不足は日本人の3大不足かと個人的は思っています。

そんな時が巡り巡って稀勢の里優勝は嬉しいものですが白鵬を始めここまで大変な時期を支えた横綱にも

もう一花、咲かせてもらいたいなと思います。

もうそろそろ桜も咲く頃で外にでれば少しずつポカポカしてきたようなしてきてないようなツンデレの

日が続いておりますが天気の良い日の出勤で聴くには持ってこいな曲を一曲。

ご存知の方も多いとは思いますがフレデリックというバンドです。

個人的に好きで毎朝聴いていたら偶然お店に来てくれてそれが縁でツアー衣装を貸し出したりさせてもらって

ます。

今年の夏も着てもらうと思いますので行かれる方はピーコみたいにファッションチェックなんかせずに集中して曲を聴いて下さいね。

どこか聴いた事あるようなないようなキャッチ―なメロディにオリジナル感が溢れた歌詞。

巡り巡る歌詞の繰り返しが一度聴いたら忘れないかと思います。

他の曲もいいですがこれを聴いてみてもらえれば良さは伝わると思います。

朝、元気出ますよ。

また次回。

 

掲載写真 着用写真

INDIGO DYED CUT&SEW REMAKE JACKET  INDIGO (¥45,000+TAX)