BLOG #38

BLOG #38

By KURO

とーーーーーってもお久しぶりになってしまいました。
銀座店 佐々木です。

今回は直営店限定の新商品が4/10より発売となりましたのでちょっとご紹介。

予てよりセレクトアイテムとして、KURO直営店舗にて一部展開をしておりました
日本のシューズブランドORPHIC(オルフィック)から
新モデルHELLION SANDALS PREMOが登場。

このHELLION SANDALS PREMOでKURO直営店別注カラーを作って頂き
4/10(水)より直営店舗&公式ONLINEサイトで限定販売致しております。

KURO直営店別注では、
優しい色合いのベージュのカラーに肌馴染みの良い柔らかいレザーを使用。
コンセプトはなんともKUROらしい

“夏のデニムに映えるサンダル”

履き口とヒール部分のストラップは麻素材を用いて
全体的にワントーンにまとめながらも、程よいアクセントを効かせ
これからのシーズンにぴったりな涼しげな印象を演出してくれること間違いなし!

ドレスシューズのようなウィングチップのアッパーに
VIBRAM社の新作である高性能なPLUMPソール。

このユニークな組み合わせのデザインのサンダルは
見た目こそサンダルですが、スニーカーライクな履き心地の良さを体感出来ます。

COLOR: BEIGE
SIZE: L5.0 〜 9.0 (22.0cm〜27.5cm相当)
PRICE: ¥38,880-(税込)

※(アッパーの構造上、ややインソールが残る作りになります。)
ジャストでご着用希望の方は、普段ご利用のスニーカーサイズよりワンサイズダウンをお勧めしております。
幅広・甲高の方は普段ご利用のスニーカーサイズと同サイズをお勧め致します。


男女問わず履けるユニセックスなサンダルとなっております!
是非、店頭またはオンラインサイトでご覧いただければと思います。
ご来店心よりお待ちしております。

佐々木

BLOG #43

KURO TOKYOの渡辺です。梅雨が終わり今年も夏が始まってしまいましたね。僕が前回KUROスタッフブログに登場してからもう1年が経とうとしていることに驚嘆しています、皆さんは夏休みどのようなご予定...

KURO ブログ

BLOG #42

7/9(火)発売の「SENSE 8月号」に、KUROとORPHICの別注サンダルが掲載されました!みなさんORPHIC(オルフィック)をご存知でしょうか?「On the Asphalt the For...

KURO ブログ

BLOG #41

位取り記数法と聞いてピンとくる人はいらっしゃるでしょうか。今回は新しく入荷したDyed Wash Print Tee (#000000)の 『#000000』 の部分についてお話したいと思います。先に...

KURO TOKYO ブログ

BLOG #40

お久しぶりです山田です。約1年ぶりのブログの更新になりました…。言い訳にはなってしまいますが、おかげさまで店舗が忙しく、皆さまにはいつもKUROをご利用頂き感謝の気持ちでいっぱいです。元号も平成から令...

KURO GINZA ブログ

BLOG #39

毎シーズン、メンズアイテムより商品の揃う時期が遅めなウィメンズ・・・ようやくコレクションラインが揃ってまいりました!今回もデザインは、2シーズンに渡って展開しているイギリス人女性デザイナー『 CHAR...

KURO ブログ

BLOG #37

すっかりご無沙汰になってしまいました。KURO GINZAの江原です。様々な場所で告知させていただいたのでご存知の方も多いかと思いますが、KUROは11/21より12/3(月)まで、京都の藤井大丸にて...

KURO ブログ

BLOG #36

​お久​し​ぶりです、KURO TOKYOの山田です。​ すっかり秋っぽくなってきましたが、皆さんいかがお過ごしでしたか? KURO TOKYOでは、お客様から「島に行ってきました」「ハネムーンで軽井...

KURO TOKYO ブログ

BLOG #35

雨ばかりで嫌だな〜と思っていたらだんだんと肌寒くなってきましたね。このまま秋めいてくるのでしょうか。GINZA店 佐々木です。皆さん KUROのONLINEはチェックしていただいてますでしょうか?全然...

KURO ブログ

BLOG #34

渡辺です。最近健康のために1週間ファスティングしたのですが、嗅覚が異様に発達しました。さあ、パリ遠征ハイライトブログも3回目。提供できる写真も少なくなってまいりましたのでラストスパートです。今回はまず...

KURO TOKYO ブログ

BLOG #33

洋服を買いに行って、一番心に残っているお店はどこか?こう聞かれたら迷わず自分は、パリの"Colette"(コレット)と答えます。最後にColetteを訪れたのは2016年の6月頃だったかと思うのですが...

KURO ブログ