ブランドコンセプトについて

ブランドコンセプトについて

By KURO

本物を着る、文化を着る。
妥協なき現代の日常着

KUROがこのフレーズをブランドコンセプトに掲げて、2年程経った現在に思うのは、当時と「日常」があまりにも大きく変わってしまったということです。

上質な素材でオリジナルの生地を一から創り、選び抜かれた生産背景をもつ工場で仕上げ、洋服というカタチにする。大量消費される洋服たちとは一線を画し、その一着には、地方ごとに職人さんたちが紡いできた「想い」であったり「技術」であったり、一目には分からないものが詰まっている。

― 果たしてこれらは、「不要不急」の贅沢品として言えてしまうのではないのか?

衣食住という言葉からも、洋服は日常生活に欠かせないものではあります。しかしながら僕たちが創っているのは、1シーズンでリサイクルしてしまうような大量消費型の洋服では無いし、お出掛けや人と接することに対して自粛が求められる今、上質な洋服は必要無い。

営業自粛期間中からこのような意見を目にする度に、自分たちの存在意義に刃物を突きつけられた気がしていました。実際ワイドショーで目にするのは困窮にあえぐ飲食店に関する取材ばかりで、アパレル繊維業を取り上げるニュースは少ない。にも関わらず、老舗大手である東証一部上場アパレル企業が倒産した際は速報が打たれ、センセーショナルな話題になりました。

そんな誰もが経験したことのない状況に陥った中で、背中を押してくれたのは、お店で出会ったお客様たちでした。

「お店営業出来なくて大変なんじゃないの?」と電話をくれた方。
わざわざ手書きのお手紙で人柄溢れる温かみのあるご連絡をくれた方。
僕たちの管理する範囲では在庫が無い商品を、わざわざ海外のウェブサイトで購入してくれた方。

ハッと気がつかされました。洋服屋の看板を掲げる理由なんて、「必要としてくれる人が居る」で充分なんです。この人たちの期待に応えよう、期待を超えるものを創ろう。着てくれる人たちの日常がより良いものになるものを創ろう。そう気がついた時には、ブランドコンセプトがより強固になった気がしました。

もちろん、繊維業界全体が苦しい状況でも、僕たちを支えてくれている生産者の皆様にも、還元していかなければならない。特に商品やタグに工場名を入れさせてもらっている以上、僕たちが下を向いている訳にはいかないのです。洋服の背景にある、本物を、文化を、広く知ってもらう為にも。

本物を着る、文化を着る。
妥協なき現代の日常着

新しい「日常」でも、最高の日常着を創ろうと思います。

KURO
江原

MILITARY PARKA BOA DOWN COAT

皆さま、こんにちは。山田です。いつも通販サイトをご覧いただきまして、ありがとうございます。三連休はいかがお過ごしでしたか。出勤時は店舗にいる時間が多いので前の通りしかわからないですが、原宿は人が少しず...

KURO TOKYO ブログ

BARTOLO HOODED COAT

本日はBARTOLO HOODED COATをご紹介いたします。80/- AIR COTTON BARTOLO COATと比べるとパッと見た感じは似たような生地感ですが、商品を拡大して違いを見比べてみ...

KURO GINZA ブログ

SUPER 100’s BIG CHESTER COAT

こんにちはKURO TOKYOの渡邉です。もうすぐ12月ですね。この時期になると3年ほど前、2018年1月、今の仕事を始めて間もない頃海外営業で初めてヨーロッパに行かせてもらった時の記憶が思い起こされ...

KURO TOKYO ブログ

BOA STAND COLLAR BLOUSON

みなさん、こんちには山田です。先日Go toトラベルを使い群馬県の伊香保温泉に行ってきました。群馬県は草津温泉も有名ですが、それよりもう少し東に位置し、最寄りの渋川駅近くは日本のへそと呼ばれてるいるそ...

KURO TOKYO ブログ

LEATHER RIDERS JACKET

お久しぶりです。KURO GINZAのニタヤです。今回はですね、なんと、、、連休をいただいて大阪に帰ってきました!いや8月にも帰ったんですけどね。前々回のブログを読んでいただいた方はご存知かと思います...

KURO GINZA ブログ

MELTON COLOR STITCHING JACKET

人生において、自分の価値観を形成するアイデアに出会うきっかけは、ふとした瞬間に訪れます。僕の場合、海外で出会った台湾人の「兄貴」的存在な友人に投げかけられた一言が、それに当たるかなと思っています。彼が...

KURO OFFICIAL ブログ

WOOL ARMY JACKET

皆さまこんにちは!EC担当のndcです。今年はコロナ渦の影響もあり、各ブランドの展示会は遅めのスタートとなっています。入荷の遅れも目立っているブランドもあり、特に海外生産は読みにくくなっていますね。こ...

KURO OFFICIAL ブログ