デニムコラム#005 GIOCATORE (シルエット編)

デニムコラム#005 GIOCATORE (シルエット編)

By KURO

 お洋服の中でも、ジーンズは最も市民権を得ているアイテムと言えます。ほとんどのファッションブランドで展開のあるアイテムですし、そのブランドの中でも更にいくつかの種類があって、いったいどう選べば良いのか分からない・・・というのは本当によく耳にする話です。そんな時に僕が店頭でお客様にご案内するのは、「頭の中に3つの箱を思い浮かべてください」というお話。それぞれの箱に「色」「サイズ」「シルエット」という3つの条件のラベルを貼り付けて、ひとつひとつ整理していくと、理想の1本に出会うことができるはずです。

 まずひとつめの箱に入れる「色」という条件。これを決める要素として、季節・持っている服との相性・そして何より好みという決定打があると思います。ただデニムというアイテムの特性上、特に男性はご自身で「育てたい」という方が多く、ワンウォッシュ等の濃いめを選ばれる方が多い傾向にあります。反対に、気温が上がればウォッシュのかかった淡いインディゴを手に取る方が増えるのもまた事実です。

 ふたつめの「サイズ」という箱に関しては、シンプルにウエストのサイズ表記がそれに当たり、ブランドとしては少しタイトめでチョイスしていただくことをお薦めしております。何故ならば、デニム生地は水を通して一度縮んだ後、使用するにつれて徐々に徐々に緩んでいきます。目安としては、大体1インチくらい緩んでくるので、ウエストのトップボタンが無理なく閉じられればそれがジャストサイズ、と言えます。

 そして最後の箱、「シルエット」。これが一番厄介なもので、体型や着用シーン、コーディネート等、最も多くの考慮すべき要素が多いものです。細身が好きで細身しか履かない!という方も、いざ緩めを履いてみると「新鮮!」となることも多いですし、何よりKUROが最も力を入れている要素こそ、この足を通してみたときの「シルエット」であります。そしてこの「シルエット」という切り口で、最も語るべき点が多いKUROのジーンズの型が、「GIOCATORE(ジョカトーレ)」です。

 GIOCATOREが登場したのが確か2016年頃だったかと思いますが、それまでKUROのラインナップには、シルエット名に色の「黒」を彷彿とさせる単語をチョイスしていました。例えばGRAPHITE=黒鉛であったり、FIXER=暗躍する人であったり。それがいきなりイタリア語のGIOCATORE、意味は「選手・アスリート」ときたら、頭の中に「?」が3つくらい浮かんだのを覚えています。

 その疑問も足を通してみて納得。腰回りや太もも周りは、ガッチリとしたアスリート体型の方でも安心して履けるホールド感がありつつも、裾にかけて綺麗なテーパードがかかっていることで決してダボつくことはなく綺麗なラインが出ます。一般的に、テーパード(裾にかけて細く絞っていく形)というと、体の左右で絞るイメージが多いですが、このGIOCATOREが特別たる所以は、前半身と後半身で見え方が変わるテーパードをかけているところ。前半身で使用している布の量と後半身で使用している布の量を変え、後半身は少しゆとりをもたせているところがユニークです。

 実はこの「前後でカッティングを変える手法」というのは、男性の制服とも言える「スラックス」によく使用される製造方法です。この手法をデニム素材である「ジーンズ」に応用したことで、そのシルエットの美しさを際立せることに成功させています。

 ここでひとつ湧いてくる疑問が、「アスリート体型みたいにガッチリした人でないと似合わないのか?」ということ。何を隠そう僕自身も最小サイズ28インチよりも2サイズ小さい、アスリートの「ア」の字もかすらない体型の持ち主です。しかしこのGIOCATOREの真のポテンシャルは、履く人の体型を選ばずカバー出来る、ということにあります。細身の人がこのパンツに足を通すと、デニムというカジュアルアイテムの要素が顔を出し、ぬけ感のある履き方が出来ます。きっとこれが光沢のある上品なウール素材のスラックスでは、「外し過ぎ」となってしまうところが、デニムだとお洒落の範疇にしっかり入る。ファッションの奥深さを感じさせてくれる、緻密な計算に基づいた一本です。

 今回はGIOCATOREの「シルエット」にフォーカスしてお話しましたが、生地であったり、片耳仕様のセルヴィッジであったり、細部でまだまだ語りつくせないことはたくさんございます。なんとなく次のジーンズをお探しの方、ぜひ店頭でスタッフの話を根掘り葉堀り聞いてみてください。きっと納得出来る1本が見つかると思います。

MOLESKIN ARMY SHIRT

ご無沙汰を致しております、KURO TOKYOの渡邉です。久々ブログです。少し最近のお話を紹介すると、参加している音楽活動の方に没頭しており、週2で完徹する生活を送っています。頭がサイケ状態です。本来...

KURO TOKYO ブログ

CROSSED DENIM

こんにちは銀座店のニタヤです。先日ですね、2連休を頂きまして地元の大阪に帰ってきました。個人的に、地元に帰って旧知の友人と美味しいものを食べながら他愛のない話をするのが1番のリフレッシュになります。大...

KURO GINZA ブログ

7oz LOOSE KERSEY SULFUR DYED BIG SHIRT

今回は7oz LOOSE KERSEY SULFUR DYED BIG SHIRTのご紹介いたします。このアイテムは葛城織と硫化染め加工を施したシャツになり、KUROではお馴染みの織物と染めの技術を用...

KURO GINZA ブログ

KATSURAGI TWO TUCK PANTS

みなさん、こんちには。EC担当のndcです。9月に入った途端気温が少し下がって過ごしやすくなってきましたね。...

KURO ブログ

KATSURAGI PADDING WORKMAN VEST

みなさん、こんちには。山田です。昨日は本当に日本かと思うほどのゲリラ豪雨の連続で本当にジメジメした嫌な天気の東京でした。大型の台風がきていたのでお住まいや実家が無事であってほしいと思うばかりです。加え...

KURO ブログ

CHORE DENIM JACKET

OH SEPTEMBER.いよいよ9月です。9月って好きなんです。日が暮れるのが早くなると同時に風が涼しく吹き始める。空気が澄み渡って空は高くなる。青はより青く、赤はより赤く。KUROのOFFICEは...

KURO ブログ

HONEYCOMB HALF SLEEVE TEE

本日は、HONEYCOMB HALF SLEEVE TEEをご紹介いたします。昨年もご好評いただいたこちらのアイテムですが、今年も再販売することになりました。"HONEYCOMB"とその名の通り、デザ...

KURO GINZA ブログ

HONEYCOMB CREW NECK TEE

今年はどのイベントも開催中止なので少し寂しいサマータイムですが皆様はいかが過ごしでしょうか。お久しぶりで、KURO WOMENSの清水です。酷暑続きで体が溶けそうな毎日ですが、暦の上では立派に立秋。す...

KURO OFFICIAL ブログ

GRAPHITE BLACK

みなさんこんにちは、ネット回りを担当しております、ndcです。とりあえず名前がないと不便ですので、ndcにしました。宜しくお願いします!さて本日の記事はグラファイトブラックです。KUROは私がKURO...

KURO OFFICIAL ブログ