ないものねだりを、形にする。

ないものねだりを、形にする。

By 江原 圭吾

皆さま、こちらのIGTVは既にチェックしていただけましたでしょうか?

https://www.instagram.com/tv/CLEcGH9AtUS/

J.PRESS & SON'S AOYAMAの黒野さんと、KUROデザイナーの八橋との対談。

「ファッション狂2人による座談会」といった内容で、1時間弱の尺を感じさせない、濃密な紹介動画だったと思います。まだご覧になっていない方は、ぜひ。下記画像をクリックしていただくと、IGTVに飛べるようになってます。

タイトルはその座談会の中で、黒野さんがふと口にされたセリフなのですが、とても素敵な言葉だと思います。洋服づくりは、生地の特性、工場とアイテムとの相性、季節感、生産に必要なロット数、etc...本当に多くのことを考慮して、関門をクリアして、奇跡的なバランスで成り立った一着が仕上がります。少なくともファストファッションと距離を置いている我々は。

そもそも、本来労働着であるデニムを素材に、ブレザージャケットを作ろうというのが第一関門。縫製工場にとっては馴染みのない素材で、いつも使用しているミシンの運針が全くもって異なります。

それには飽き足らずこの男たちは(*注:最大限の敬意を込めた呼称です)、ブレザーでは全く使用しない「タックボタン」をチョイス。ボタンを付ける為だけにデニム工場にジャケットを送ったそうです。こだわりが凄い。

「こうしたら良いな」や「もっと良く出来る」という想いを、幾重にも重ねて出来上がったのが、こちら。

初めて袖を通すときは、まだ糊が残っているデニム生地なので、ハリのある質感を感じられます。新品のレザージャケットに袖を通す感覚に近い、とも言えるでしょうか。

やがて糊がとれ、生地が柔らかくなり、ご自身の体にあった部分にアタリが出てくる。

作り手のエゴ満載のアイテムが、着る人その方だけの、特別な一着に育っていく。

一生モノのジャケットを、ぜひ店頭でお試しください。春はもうすぐそこまで来ています。

KURO 江原

デニム好き必見 濃紺ワイドデニム

皆様、こんにちわ。ご無沙汰しております。KURO OSAKAの小林です。前回の投稿から少し期間が空いてしまいましたね・・・・・お待たせして申し訳ありません。小林、動きます。古。。と小声が聞こえましたが...

KURO ブログ

SEERSUCKER

こんにちは。KURO OSAKAの可藤です。2回目の登場となります。皆様、いかがお過ごしでしょうか?まだ朝晩は少し冷え込みますが、日中は15℃を超える日もあり、薄手の羽織りでも出歩ける様になってきまし...

可藤 陽介 ブログ

春+ウォッシュドインディゴ

こんにちは、KURO TOKYO/GINZAの渡邉です。本日2月21日(日)の東京は前々から暖かくなるゾと話題でしたがみなさんの周りではいかがでしたでしょうか。ちょうど関東では春一番が吹いたとの発表が...

渡 邉 ブログ

Mirko Buffini(ミルコブッフィーニ)

いつもはKUROについて記事を書いていますが、本日は番外編でMirko Buffini Firenze 【ミルコ ブッフィーニフィレンツェ】というフレグランスブランドから販売されているアルコール75%...

佐藤 礼基 ブログ

オンライン接客導入開始 【KURO on ZOOM】

オンラインブログをご覧の皆様、こんにちわ。KURO OSAKA 小林です。さて、いきなりですが(楽〇カードマンではありません。)お知らせがございます。今回のブログのタイトルにもある【オンライン接客】が...

KURO ブログ

21SS J.PRESS × KURO COLLECTION

皆さんこんにちわ。そして、初めまして。KURO OSAKAスタッフの可藤と申します。今回がブログ初登場になりまして、これから関西勢の一人として時々アップさせて頂くかと思いますので、どうぞよろしくお願い...

可藤 陽介 ブログ

21SS 新作紹介①

こんにちは。KURO GINZAのニタヤです。今回は余計なお話は無しにして21SSの新作紹介をしようと思います。今回紹介するのは"GIZA SUVIN CREW NECK SWEAT""GIZA SU...

新田谷 隆祥 ブログ