【GINZA LIMITED】 KURO × VVV COLLECTION

「本物を着る、文化を着る」をコンセプトに、こだわり抜いたモノ作りに定評のあるKUROと、独特のグラフィックが人気のパリブランド・VVV (Veni Vedi Vici) が、初のコラボレーションを実現。

FW18では先行して下記2型をGINZA SIXのKURO GINZAにて限定展開、SS19よりフルラインナップを展開予定。
WEB MAGAZINE「Highsnobiety」「Them magazine」にも掲載される等、注目を集めている。

VVV × KURO ‘VILITARY JEEP TEE’

KUROのシーズンテーマでもある「MINIMALISM IN MILITARY」と、ニコラスが思い描く「ミニマリズム イン ミリタリー」をVVVのフィルターを通して描いた「VILITARY JEEP」。
あえて細かいディティールは表現せず、VVVの特徴でもあるポップなタッチでデザイン。ミリタリーアイテムで使用されている糸を刺繍で使うなど、見えない部分にこだわるKUROらしさがつまった一着。
ボディはKUROの代表的なシルエット、BIG TEEをベースにしている。 

VVV × KURO ‘CESSEZ LE FEU DENIM JACKET’

デニムという普遍のアイテムに、英語、フランス語、イタリア語で平和へのメッセージを込めた 「CESSEZ LE FEU DENIM JACKET」。
(CESSEZ LE FEU : 英語で STOP THE FIRE)
 VVVがミリタリーから連想するワード、平和、停戦などのコンセプトを基に、手書きグラフィックによる 様々なメッセージをプリントや刺繍で施したデニムジャケット。
直接的なメッセージではなく、「火を止めろ」など、今の世界の現状から未来へのメッセージが込められています。
ベースはKUROの代表的なアイテムであるLOOSE DENIM JACKETを採用。ドロップショルダーの特有の落ち感のあるシルエットとルーズなフィットが特徴。フロントはファースト型のディテールを採用し、バッ クはTバック仕様で仕上げるなど、クラシックなディテールを随所に施しています。 

ラインナップ

【VVV について】
VVV (venivedivici : https://www.venivedivici.fr/) は、「アートを纏う」をコンセプトに高品質・少量生産のアパレルを手掛けるフランスのブランド 。在学中に美術学を専攻したニコラス( Nicolas Lherpiniere-Salerno )により創設。
ニコラスは2004年から2009年にかけて出生地に スタジオをオープンさせ、生地デザインを通してアート&ストリートを見つめると同時に自身のイラストを他ブランドや雑誌媒体、ショップとのコラボレーショ ンとしても実現させ、2016年からはパリのコレット、2017年S/Sには元KENZOのVMD、現在はプチバトーのVMDを務めるフローレンスフォンタナとのコラボ レーションを展開するなど、その活動の幅を広げる。
VVVの生産は、職人の生産手順を深く理解することから始まり、アパレルはバングラデシュ、トルコ、ポーランドの工場で生産され、認可されたオーガニックコットンを使用。
フランスではその生産背景が、人道的にも環境的にも優れているとして評価されている。
プリントはパリの工場にて、刺繍はフランス最高峰の技術を持つ≪nord-pas-de-Calais≫という工場で手掛けられ、生産。
ポップカルチャーや知的文化、フランスの現代美術やアングラカルチャーをインスピレーションの源とし、似たり寄ったりで息の詰まるようなモノで溢れかえる現代の中、創造性こそがVVVのプロジェクトの根幹となっている。

「Highsnobiety」
サイトURL:https://highsnobiety.jp/p/kuro-vvv-fw18/

「Them magazine」
サイトURL:http://themmagazine.net/news/3041