ブランドについて

日本人の瞳や髪の色である「黒」をブランド名とし、黒紫、漆黒、黒色、黒鳶などの言葉に内包された
日本語の「黒」が持つ繊細さをコンセプトにコレクションを展開。
日本人の独特な感性・感覚を落とし込み、モダナイズされたデザインと、
歴史と伝統を受け継いだ日本各地の職人の技術による、こだわりのモノづくりが特徴。
オリジナルの生地の開発から、建築的要素を採り入れ構築されるミニマルなデザイン、
熟練した日本の職人の技術、
それぞれの要素が凝縮され融合することで、時を経ても変わらない風格を纏い、凛とした静謐さを生み出す。

ブランドヒストリー
2010年 イタリア、Pitti Uomoにてコレクションを発表。
2013年 東京、原宿に初となる直営店をオープン。
2015年 大阪店、名古屋店オープン。
2017年 コレクションの幅を広げる旗艦店として、GINZA SIXに直営店をオープン。

ブランドデザイナー

八橋佑輔 

1981年生まれ、東京都出身。 

独学でデザインを学び、2010年にPitti UomoにてKUROを発表。

建築的アプローチと現代的な感性によるミニマルで構築的なデザイン、
年間を通して日本全国の工場に足を運び、熟練した職人たちと細かく意見をぶつけ合うことで実現する、
こだわりのモノづくりに定評がある。

歴史と伝統が息づいた熟練の職人たちと、1からではなく、0からつくりあげることを念頭に置き創造している。

そうした生産背景を経て出来上がる洋服たちは、「文化を着る」というブランドコンセプトにふさわしいアイテムが揃う。
日本のファッションを牽引していく中でも常に、新しい素材の開発、洋服の新たなクリエイションの可能性、表現方法に挑戦している。 

2016年には、北野武ら著名人とともに、ドイツのスーツケースブランド「RIMOWA」が選ぶ「日本のクリエイター9人」のメンバーとして、同ブランドのグローバルキャンペーンに登場。

2017年には、フランス本国にて10年連続ミシュランの星を獲得し、史上最年少でフランス芸術文化勲章を受賞した松嶋啓介シェフのレストラン「KEISUKE MATSUSHIMA」の制服デザインを手掛ける。
「KEISUKE MATSUSHIMA」
サイトURL:http://keisukematsushima.tokyo/

また、2018年9月山形県庄内地区にオープン予定のSUIDEN TERRASE(ヤマガタデザイン株式会社)
の制服及び館内着のデザインを担当し、活動の幅を広げている。  
「SUIDEN TERRASE」
サイトURL:https://suiden-terrasse.yamagata-design.com/